CULTURE STAND

カルチャー多め。演劇、アニメ、美術、音楽の周辺について。

APOGEEは「たゆたう」だと思う。心が揺れて、心が蕩ける。そんな音楽。

APOGEEの音楽を一言でいうなら、「たゆたう」だと思った。

11月4日、湿り気のある空気が渋谷の街を包み込んでいた午後6時。APOGEEのワンマンライブの幕が上がった。APOGEEはほんとうにマイペースなバンドで、2009年にアルバムをリリースしてから「解散します」とも「活動休止します」ともいわずに、パタリと活動をしなくなった。その後、突如アルバムをリリースし、久々のライブを敢行……したかと思えば、またライブは数年・数か月先、までライブはおあずけ。といった具合だ。なんでもメンバーの2名が医療系の大学・大学院に進学したそうで(彼らはみな30オーバーの大卒。そのバイタイリティにもほんとうに脱帽する)、そのこともあって、頻繁に活動をすることができなかったのだそう。

会場には、20~40歳代のオトナな男女が詰めかけていた。APOGEEが最も盛んに活動していたころは、2007年~2008年ごろ。APOGEEの2013年以降のライブに足を運んだ人々の胸に去来する共通した感情は「あれ、APOGEE好きな人ってこんなにいたんだ?」ということ。一時は音楽業界から姿を消したかと思われたバンドの音楽を、こんなにも多くの人がまだ愛しているということ。求めているということ。さまざまな情報が矢継ぎ早に過ぎ去っていく現代において、純粋に「この音楽が好き、聞きたい」という固く熱い感情が存在するということ。それはもう、汚れ切ったオトナたちである僕らにとっては、奇跡といってもいいほどのことだ。WWWには、いい歳をしたオトナたちの、そんなイノセントな感情が漂っていた。

淡い淡い水色の光や、目を射るようなハッとするほどの光。そこに流れ込む、ボーカル・永野亮のそれはそれは伸びやかな声。こんな言葉は手あかがつきすぎてほんとうに使いたくないけれど、心から思う。唯一無二の声だと。

APOGEEが一音ならすとそこはもう、幻想的で、でもどこか怪しい、とことんAPOGEEな世界に早変わりしている。美しきエレクトロの音色に乗せて展開される浮遊感のある世界から、彼をひたすら待ってしまう女の執念が渦巻く危うい世界まで。APOGEEの音楽はほんとうに多彩で、多様だと思う。

それでもあえて彼らのあらゆる表現に共通項を見出すなら、「たゆたう」という言葉なのではないか。

「たゆたう」には、「①物がゆらゆら動いて定まらない。ただよう。 ②心が動揺する。ためらう。」という意味がある。彼らの楽曲には、よく「空」や「宇宙」や「星」を思わせるものがある。それらは、ほんとうに、宇宙空間を、空を、手を漕いで泳いでいるかのような音楽だ。浮遊感と、ほんの少しの高揚感。空を泳ぐとき、高揚しない人間はいないでしょう。「夜間飛行」や「Star Honey」あたりの、宇宙の広がりを感じさせるよなダイナミックで美しいサウンドと、対照的にとても感性を刺激するセンチメンタルな詩。そのコントラストこそAPOGEEの音楽の醍醐味だと思う。


Apogee - 夜間飛行


Star Honey/APOGEE

 

「たゆたう」の②の意味。「動揺する」というもの。そう。APOGEEの音楽は、心をぞわぞわさせるのだ。たんにきれいなだけじゃない。たんに壮大なだけじゃない。時には、恐ろしい予言のような歌詞もあったりする。

ほら 世界が音をたてて

二つに割れはじめて

片っ方が沈んでいくよ

片っ方に登って行けよ

ーー「ESCAPE」

心が昂揚してゆらゆら動かされること。恐怖でがくがく震えること。そのすべてが「たゆたう」であり、APOGEEの音楽といえるのではないかと思う。彼らは、海に浮かぶ小舟のように、彼らなりのゆるりとしたペースで、まさにたゆたうように音楽を作り続けてくれている。

 

ちなみに「たゆたう」は「揺蕩う」と書くそう。心が揺れて、心が蕩ける。そんな音楽です、APOGEEは。本当に大好き。